リトルキヨシトミニマムゲンキ オフィシャルサイト 2Peace
 
トップへ バイオグラフィー スケジュール ブログ マイスペース コンタクト
ノラ犬と散歩|by リトルキヨシ

2020年05月27日

・5/24@横浜BBストリートでの
リトルキヨシトミニマム!gnk!の配信ライブは
今週の土曜日までアーカイブが観れます!
      ↓
https://bb4531.wixsite.com/website/5-24

誰でも観れるダイジェスト版はこちらになりまーす!

https://www.youtube.com/watch?v=RlJGUqUzmbM&feature=youtu.be

なかなか面白い映像が撮れたのでお時間ある時に是非!

それでは今日は久しぶりに!

<「LIVE AT GETTOSO」について その⑧>

5. SEX-MAN

ジェームスブラウン氏の名曲・Sex Machineの
カヴァーなのかオマージュなのかおふざけなのか・・・。
ここで書くのもどうかと思いつつ
ボクは元々エロ話・下ネタが大好きで
しょっちゅう下らなくて下世話な思い付きを探したり
空耳的な下ネタ替え歌を脳内で一人楽しんだりして。
ちょっと前だと「千の風になって」の替え歌で
「私のお腹の上に出さないで下さい〜♪」なんてのを
思い付いて一人でニヤニヤしてました。

この曲を思い付いたのは10年くらい前。
歌い出しはと言うかサビの言葉は今とほとんど変わらず。
Bメロがなかなか定まらずにいたんですが
それでも何年か前に2回だけライブした
「リトルキヨシとファンキーファイブ」って
ファンクバンドでこの曲のプロトタイプをやってました。
その音源をたまたま聴いたフルタナオキメンバーが
この曲演りたい!と言い出しまして
それならちゃんと(?)歌詞書き直すよ!
という事でこんな形で仕上げました。
小説&劇画のタッチな言葉を選んだつもりです。
書きながらセックスマシーンって言い切っちゃうのは
おこがましい、もっと弱くて人間味があるよなぁ。
との思いからタイトルを「SEX-MAN」にしました。
子供には聞かせられない大人のロック!
な仕上りになったのではないでしょうか。笑

今回のレコーディングではこの曲を入れるつもりは全くなくて
4曲目の「春」を録り終わりまだ余韻が残る中
ナオキに耳打ちして急遽イントロを弾き出してもらった。
たぶん広輔とまーと君は面食らったんじゃないかな。
そんな中でもきっちり着いてきてくれて
ばっちりな演奏をしてくれた2人に感謝です。

これにて「LIVE AT GETTOSO」の楽曲解説は終了です。
一人でも多くの人に聴いてもらえたらいいなぁ。

 〜つづく…のか?〜

「LIVE AT GETTOSO」のご注文はこちらから!
       ↓

https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月25日

昨日はリトルキヨシトミニマム!gnk!にて
ライブ配信@横浜BBストリートでした。
観てくれた皆さん、ありがとうございました!
「カード決済しか出来ません。なおJCBは使えません」
というアナウンスが直前になってしまいました。
混乱させてしまい申し訳ありませんでした。
BBスタッフの皆さんと撮影班の皆さんが作ってくれた
陽光降り注ぐ窓際の特設ステージで
思う存分演らせてもらいました!
飛沫が飛ぶのを防ぐアクリル板を挟んで
向かい合っての一時間。
カメラの向こう側を意識して歌うのは
新鮮でありつつ戸惑いもあり
そんな気持ちの移ろいが楽しかったです。
また演れたらいいなぁ。
模索しつつ不慣れな事に果敢にチャレンジして
修正・改善を繰り返して内容を充実させようと
奮闘しているBBストリート
今後はより良いライブ配信が実現していくと思うので
興味のある方はBBストリートにお問い合わせ下さい!

昨日のライブのダイジェスト版が出来ました!
興味ある方はお時間ある時に是非!
     ↓
https://www.youtube.com/watch?v=RlJGUqUzmbM&feature=youtu.be

そして全編観たいぜー!って方、
一週間アーカイブを残しているので
会員登録の上こちらからどーぞ!
     ↓
https://bb4531.wixsite.com/website/5-24

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 16:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月23日

いよいよ明日、とても楽しみです!

5/24@横浜BBストリートにて
リトルキヨシトミニマム!gnk!で配信ライブやります!
会員登録など必要ですがご都合良ければ是非!

5/24(日)
リトルキヨシトミニマム!gnk!生配信ライブ
OP/ST 11:45/12:00 ¥1000 投げ銭可
詳細は
  ↓
bb4531.wixsite.com/website/5-24

会員登録後、チケットをご購入ください。
アーカイブ映像の販売はライブ当日から一週間となります。
見逃しても大丈夫!!続きはWEBで!!w

※ ただいまシステムの不具合により
PayPalやコンビニでのお支払いが
上手く出来ない状況の様です。
明日までに改善して改めてアナウンスします。
お手数をおかけしてしまった方には申し訳ありません。

それでは本日もいきまーす!

<「LIVE AT GETTOSO」について その⑦>

4. 春

2018年の1月に祝・春一番コンサートの主催者
福岡風太さんの奥様・おしげさんが急逝されました。
おしげさんはボクの大阪でのライブはほぼ毎回
どこかしらの会場に差し入れ片手に遊びに来てくれたり
妻にも手作りの梅ジャムやお菓子などを
お土産に持たせてくれたりと
夫婦共々とても可愛がってもらっていました。
2017年の12月1日@大阪のGANZ toitoitoiでの
ボクのワンマンライブにも遊びに来てくれていて
「とっても良かったわよー。来年が楽しみねー。」
なんて言葉も交わしていました。

妻からの電話でおしげさんの訃報を聞かされた時
突然の事過ぎて何を言ってるのか全然理解出来ませんでした。
妻も状況に心が全然追いついてない感じでした。
ボクは沖縄ツアーの2日目で身動きが取れず
お通夜にもご葬儀にも参加出来ませんでした。
(その分妻が色々動いてくれました。)
そのせいかなんの実感もないまま季節は移ろい
2018年の祝・春一番コンサートがやってきました。
会場のそこかしこに、おしげさんの笑顔の写真が
貼られていたり、うちわが揺れていたり。
その時にようやくおしげさんはもういない、
という事を実感しました。
またなんて事ないお喋りがしたかった、
今年のハルイチでのライブも観てほしかった、
ちょっとした風太さんへの愚痴をまた聞きたかった。
音楽業界の面白おかしい昔話をして欲しかった。
もっとありがとうを伝えたかった。
服部緑地の晴れ渡る空の下
そんな感情が渦巻いて久しぶりに涙が出た。
この気持ちを歌にして来年のハルイチで歌おう、
誰にも言わなかったけど
それが密かなるボクの目標になりました。

そして翌年の4月、ギリギリになって
ようやくその思いを歌にする事が出来ました。
2019年のハルイチで宮下広輔君と2人
ヘソのステージで「春」を演りながら
感極まって滅茶苦茶になりそうなのを
必死で抑えたのも今では懐かしい思い出です。
未だに「春」を歌ってて不意に泣きそうになる時がある。
いつかライブ中に誰憚る事なく涙を流す日がきたりして。
その時は指差して笑ってやって下さい!

おしげさん、これからも空の上まで届く様に歌うので
どうぞ見守っていて下さいませ。

               〜つづく〜

「LIVE AT GETTOSO」のご購入はこちらから
     ↓
https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 16:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月21日

今度の日曜日、5/24@横浜BBストリートにて
リトルキヨシトミニマム!gnk!で配信ライブやります!
会員登録など必要ですがご都合良ければ是非!

5/24(日)
リトルキヨシトミニマム!gnk!生配信ライブ
OP/ST 11:45/12:00 ¥1000 投げ銭可
詳細は
  ↓
bb4531.wixsite.com/website/5-24

会員登録後、チケットをご購入ください。
アーカイブ映像の販売はライブ当日から一週間となります。
見逃しても大丈夫!!続きはWEBで!!w

それでは今日もいってみよー!

<「LIVE AT GETTOSO」について その⑥>

今夜の楽曲解説は

3. RPG

5年くらい前にはリフ・メロディー・アレンジ
なんならサビだけ歌詞まで出来上がってたけれど
それ以外の歌詞が書けず、ずーっと悩んでいた曲です。
元々は躊躇なく笑いながら人を傷付けたり
騙したり他人の痛みに無頓着だったり
出来る事なら人生で出会いたくない人種(モンスター)を
disってやろうと書き始めた曲でした。
ところがどれだけ言葉を捻り出しても上手くいかない。
出来上がった!と思っても歌ってみると
面白くもなんともない、そんな日々でした。
ボクの中で世の中だったり特定の何かに
物申す詩を書く時に絶対ユーモアが必要で
どうしてもユーモラスに描けませんでした。
ただそれ以外はとっても気に入っていて
どうにかいい形に仕上げられないかなぁ
と思っているうちに一年経ち二年経ち・・・。
そうこうしている間に妻が身篭り無事娘が産まれました。
それからは初体験の連続で振り回される日々。
そんな中で
「この娘はまだ言葉も通じない。
一人で座る事も立ち上がる事も出来ない。
ただ寝っ転がってるだけなのに
泣き声ひとつでこちらを慌てさせたり心配させたり
笑顔一発で一日の疲れを吹っ飛ばしたり
幸せな気持ちにさせてくれたり。
この娘は今何を考えてるんやろう?」
なんて思いながら抱っこしてる時に
今オレにとってこいつが一番のモンスターじゃん!
この娘の事を書けばいいんじゃん!
と180°方向転換したら一晩で歌詞が仕上がりました。
ボクのイメージでは土着的なダンスナンバーで
求めていた通り野蛮なグルーヴに仕上がりました。
この夏はコイツでみんなと踊りたい!
気に入ってもらえるといいなぁ。

               〜つづく〜

「LIVE AT GETTOSO」のご購入はこちらから!
      ↓
https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 00:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月21日

<「LIVE AT GETTOSO」について その⑤>

昨日から始めた曲紹介、本日は!

2. 祭

2018年にリリースした「COVERS」にも入っている曲。
2014年に亡くなられた横須賀の先輩・西城生馬さんのカヴァーになります。
ボクはこの歌を2014年の7月から歌わせてもらっていて
これまでライブでもほぼ毎回演ってきた曲です。
今回の音源のテーマに朧げながら「いのち」と言うのがあって
それなら絶対に「祭」は外せないよな、と。
結果、キヨシ・ナオキ・まーと・コースケ・足立さん・鎌ちゃんの
極上のお祭が月桃荘の6stとコントロールルームで巻き起こった
そんな特別な時間だったと思います。
生馬さんとの思い出と祭を歌わせてもらおうと思った切っ掛けは
前作「COVERS」のライナーノーツに書かせてもらいました。
「COVERS」では2018年に録音時の最高潮を
「LIVE AT GETTOSO」では2020年3月31日の最高潮を
ちゃんと刻めたと自負しております!
ただテンションが上がりすぎて
ちょっとしたアクシデントもあったりして
それも聴いてのお楽しみ、という事で今日はここまで!

                  〜つづく〜

「LIVE AT GETTOSO」ご購入はこちらから!
       ↓

https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 00:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月19日

<「LIVE AT GETTOSO」について その④ >

今日からは収録曲について書いていこうと思いまーす!

1. えんとジョイント

昨年の11/19に新百合ヶ丘Bar Chit Chatで開かれた
<山下健吾バースデーパーティー>でのセッションにて
ボクが即興で歌ったものが原案になりました。
山下健吾くんは奄美大島出身の兄弟ユニット
山下DOPE商店の兄にしてワイゼンボーンの使い手。
その彼から
「第一部は山下DOPE商店2人のライブをばっちりやって
第二部はお祝いに来ているミュージシャンも参加して
セッションやるからキヨシ君も歌ってよ。」
との言葉を受けての事でした。
(言われなくても絶対参加したけどね。)
何を隠そう11/20がマヤちゃんの誕生日でして
あと3時間ほどでマヤちゃんも1歳かぁ、という気持ちと
健吾くんの誕生日をお祝いする気持ちが溢れに溢れて
なんの捻りもない、どストレートな言葉が
メロディーと一緒にただ出てきたって感じでした。
大きな声で当たり前のことをお祝いの場で歌って
帰り道でも翌日もとても気持ちが良かったなぁ、
という余韻が残っていた。

そのセッションで一緒に音を出した中に
バセルバジョンのシュン君がいた。
ボクは初めましてで連絡先を交換していた。
そのシュン君がセッションを携帯で録音していて
聴いてみたいから送ってもらい聴いたところ
これは歌っちゃおう!と曲にする事に決めました。
そこから頭を悩ませてるうちに沖縄ツアーが始まった。
沖縄ツアーの3日目は宜野湾にある音箱じょいんと。
夕方お店に着くとマスターの修史くんと息子君が。
聞けば名前を「えんと」君といい
なんと今日が1歳の誕生日。
へぇー、おめでとう!なんていいながらリハを終えて
のんびりしてる時に色々閃いて
頭を悩ませていた箇所が
解決して出来上がった曲です。
えんと君の1歳の誕生日に音箱じょいんとで出来た曲、
という事で「えんとジョイント」
という名前をつけました。
ほんと、当たり前のことを
ただただでっかい声で歌っているだけの
なんの捻りもない曲なので
まだ聴いてない方はあまり期待はしないでね。
ボクはそんなコイツが結構気に入ってたりして。笑

                〜つづく〜

やらしいですが
「LIVE AT GETTOSO」のご注文はこちらから!
       ↓
https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 16:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月17日

<「LIVE AT GETTOSO」について その③>

当初、今回レコーディングするのは
「祭」「RPG」「春」の3曲の予定でした。
終・春一番に間に合わせる為もありましたが
今回のバンドでの一発録りが上手くいったら
年内に同じメンバーでデジタル機器を一切使わず
完全アナログレコーディングでアルバムを作って
12インチのレコードでリリースする!
という目的への試金石の意味もありました。
このアナログレコーディングでレコードを作る、
と言うのはボクの中では随分長い間の夢でした。
それを叶えるならこのメンバーで!
そんな風に思える人達が今、
ボクの楽曲を一緒に構築してくれている。
そんな想いの中、レコーディング当日を迎えました。

今回のレコーディングでは足立さんに
エンジニアをやってもらいました。
足立さんにはリトルキヨシトミニマム!gnk!の
レコーディングエンジニアやライブPAとして
散々お世話になり一緒に遊んだ間柄。
最近はgnkosaiBANDのギターリストとして
全国を飛び回りながらBBストリートと月桃荘の
共同オーナーの1人でもあり
信頼のおけるエンジニアでもある
なかなかのスーパーマンだ。
アシスタントには同じくBBと月桃荘で
PA件レコーディングエンジニアをしている
カマちゃん(鎌田達也)が付いてくれた。

それぞれの楽器やマイク、機材のセッティングを終え
いざレコーディングがスタートしてみると
ビックリするくらいスムーズに事が進んでいく。
3曲録り終わるのに2時間もかかってないくらい。
そこでエンジニアの足立さんから
「時間もあるしこれまでの録ったのは残しておいて
ライブと全く同じ様に3曲録って良い方を使おう。」
という、乗らない理由がない提案が。
休憩を挟んでいざやってみるともうOKテイクがある、
という安心感からかみんなリラックスしつつも
とても集中力とテンションの高い演奏が出来ました。
途中で弦が切れる、というアクシデントもありつつ
本当に充実した時間をパッケージ出来たと思っています。
普段のライブ通り、って気持ちが溢れすぎたのか
気付いたら5曲入りになってました。笑
満場一致で全曲このテイクを使い
曲順も録ったとおりそのまま作品にする事にしました。
その後急いでミックスダウン&マスタリングと
進める予定でしたが終・春一番の開催見合わせや
緊急事態宣言もあり慌てず完成させる事にしました。
それが功を奏したのか音もジャケットも
とても良い物に仕上がりました。
今は基本ネット通販でしかお届け出来ませんが
独りでも多くの方に聴いてもらえたら嬉しいです。

              〜つづく…かな〜

そんな「LIVE AT GETTOSO」のご注文はこちらから!
      ↓
https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 17:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月15日

<「LIVE AT GETTOSO」について その②>

新しい音源を作るにあたり今回はバンド録ろう。
それもちゃんとバンドにしてから。
という命題がある中、
なかなかメンバー4人で集まるのが難しい。
そこでボクはナオキ・まーと・広輔のそれぞれと
2人で練習したりライブをする事にしました。
ナオキはご近所さんなのでしょっちゅう。
広輔も同じ神奈川なので比較的簡単に会える。
まーと君とはボクが伊豆ツアーに行ったタイミングで
(去年だけで3回行きました。)
一緒に音を出してその2人でのアレンジを考えて
そんな感じで進んでいきました。

2019年の9月の連休にはまーと&広輔と
名古屋の今池祭り・静岡菊川Pony′s Toyにも行った。
その時Pony′sのジュンさんが作ってくれた動画がこちら!
   ↓
https://m.youtube.com/watch?v=L3iS6CI38oo

10月には横浜白楽六角橋の「どっきりヤミ市」には
ナオキ&広輔と出演した。

12月にはボクのバースデーイベント
「41」@横浜BBストリートでは
初めて4人揃ってのライブでした。
その時の映像がこちら!
    ↓
https://m.youtube.com/watch?v=-NkwxEmduWY

そんなこんなで年が明けやってきました2020。
そして毎年ゴールデンウィークに出演させてもらっている
「祝・春一番」、今年は遂に最後の春一番という事で
タイトルも「終・春一番」になり開催される予定でした。
残念ながらコロナで吹っ飛んでしまいましたが
来年とかやってくれないかなぁ、と切に願います。

今年のハルイチは4人で出る!4人でヘソでやる!
と勝手に決めていた。
主催の風太さんにもそれでよろしく!と言ってもらえた。
せっかくならこのバンドでの音源を持っていきたい!
しかしGWに間に合わせようと思ったら
日程にあんまり余裕はないぞ。
少し慌ててメンバーみんなと
エンジニア足立さんのスケジュールと
月桃荘の空き状況を確認して
レコーディングの日程は3月31日に決まりました。
それまでにスタジオで2回、4人で音を出して
来たるレコーディングの日に向けて準備を進めました。
果たしてレコーディング当日や如何に?

              〜つづく〜

「LIVE AT GETTOSO」のご購入はこちらから!
       ↓
https://kiyoshi1978.thebase.in

そこんとこ!

投稿者 キヨシ : 17:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月14日

今日からしばらく新作「LIVE AT GETTOSO」について
あれこれ書いていこうと思います。
宜しければお付き合い下さいませ!

<「LIVE AT GETTOSO」について その①>

今回の作品は絶対にバンドで作りたかった。
というのも2016年に作った「DEMO LAST」も
2018年に作った「COVERS」も
アコギとエレキの違いはあれどどちらも
歌とギターを同時に録る一発録りで仕上げました。
歌声とギター1本というとてもシンプルな
敢えて言うならモノクロな作品という感じでしょうか。
2作連続でそんな作品を作ったので
次回作はバンドで作りたいな、と漠然と思っていました。

でもバンドでレコーディングするとしても
やっぱり一発録りにはこだわりたい
とも思っていました。
一発録りの良さは何と言ってもライブ感と一体感と
そしてきちんと準備してやれば
レコーディングにかかる時間が
圧倒的に短いところかと思います。
対してデメリットは失敗した部分だけを
直す事が出来なくて最初から録り直しになったり
それぞれのマイクに他の楽器の音が混じるところかな。
ボクは緻密に音を組み上げていくのが苦手というか
そもそもそういうイメージが全然出来ない人間でして
普通にレコーディングしていたら
あそこがなんか違う、ここが納得いかない、となって
いつまで経っても出来上がらない自信がありました。笑
誰かプロデューサーが居るなら別ですが
ボクみたいなもんがセルフプロデュースで作品を作るなら
これはもう一発録りしかない!という確信がありました。

ただ同時に上手な人にお願いして
譜面渡して数回スタジオに入って
レコーディングに参加してもらう
と言うのも嫌なんよねぇ、ワガママやなぁ。
出来れば何度か一緒にライブして
アレンジも一緒に考えて
曲も頭と身体にばっちり染み込ませて
譜面もなしで一緒にレコーディングしたい!
その為に2019年の1年間を使って
2020年にレコーディングするぞー!と
メンバーにお願いしました。

しかしパーカッションのまーと君は伊豆下田在住、
そうしょっちゅう横浜に来てもらうのも難しい。
それならこのやり方はどうだ!
とボクなりに奇策を考えたのでした!
はたしてその中身とは!
〜明日につづく〜

そこんとこ!

「LIVE AT GETTOSO」のご注文はこちらから!
https://kiyoshi1978.thebase.in

投稿者 キヨシ : 17:14 | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年05月13日

当初の予定では5/22以降にお届けとの事でしたが
本日の夕方16時に「LIVE AT GETTOSO」が
台湾から届いちゃいました。
この時期に予定より1週間以上も早い納品、
すげーなプレスステーション。
仕事が早いのはありがたい反面、
過去作品を通販で買ってくれた方に
申し訳ないというかなんというか。
こんなに早い日程で新作出るなら
過去作品を買うのもうちょっと待ったのに、
という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方にはごめんなさい、申し訳ありませんでした。
迷ったんですが届いちゃった物はしょうがない!
というわけで早速発売開始致します。
我ながらいい作品に仕上がったと自信作。
皆様、どしどしご注文頂けたら嬉しいです!
そこんとこ!

https://kiyoshi1978.thebase.in

投稿者 キヨシ : 21:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

Copyright , 2peace,all rights reserved.